海外旅行&AUS・NZワーホリの記録♡

2年のワーホリ後、社畜になりきれない30代女の海外旅と日々の記録★


スポンサーリンク

【ワーホリ】メルボルンの語学学校に12週間通いました☆

語学学校には12週間通いました!
「Ability English」 という学校で、メルボルンCBD内にあり、フリンダースステーションからも、トラム停留所からも近いので通学に便利でした☆

なぜこの学校に決めたかというと、発音矯正コースがあったからです★ 

エージェントにどこの語学学校にするかを相談する際に、スピーキングに力を入れている所が良いと伝え、いくつか候補をあげてもらいました
その中から、授業料や授業内容をネットで検索して決めました

自習時間がない点も、この学校に決めたポイントのひとつでした
(お金を払っているのに、授業が自習というのは納得がいかない・・・)

語学学校の費用は、主に入学金と、授業料、教材費が必要です
(授業料は1週間ごとで、その週に祝日が2日あって、授業が3日しかない、という場合でも1週間分の授業料を払います)
今なら入学金不要、12週間以上通うと授業料が割引!などのキャンペーンをやっている学校も多くあって、その制度を使った気がします
(語学学校は、年々、授業料があがっているらしいです・・・)

時間割は、月曜日~木曜日までが通常の授業で、金曜日は好きな授業に出られる選択授業でした
スピーキングのみの授業や、音楽を題材にした授業など様々あり、クラス分けがないので、英語のレベルが高い人と授業を受けるチャンスでもあります
また、美術館やマーケットにも行ったりしました♪

↓アクティビティの予定表です

f:id:wonderfultrip:20170202213416j:image

平日の授業後のものは、自由に参加ができて、土日のは、こんなのあるよーというお知らせです
火曜日のJobクラブは、アルバイトの探し方についての話を聞くことができ、レジュメ(履歴書)のチェックもしてくれます!

wifiはフリーです!
(ただし、教室の場所によってはうまく繋がらない所もありました) 

インストコーヒーと、紅茶のティーバッグが置いてあり、好きなだけ飲むことができます☆
学校に入学時に、プラスチックのコップを貰えたので、みんなそれを使っていました

f:id:wonderfultrip:20170202213440j:image

↑こちらの黄色のカップです
(このお茶は、クラスメイトのタイ人が、タイのお茶を作ってくれました、どんな味だったかさっぱり覚えていない・・・)

ランチは、ホームステイ中は、ホストマザーが作ってくれたサンドイッチやleft over(前日の夕飯の残り物)を持っていき、シェアハウスに移った後は、自分でサンドイッチやパスタを作って持っていきました
電子レンジも置いてあるので、ランチを温めて食べる事ができます
クラスで食べる子もいれば、ラウンジで食べる子もいます

語学学校選びで迷ったもうひとつの学校は、impactです
バリスタコースが有名&魅力的で(授業料が高いことでも有名)、メルボルンで友達になった子が2人ともバリスタコースに通っていました
2人ともカフェで働いていて、1人はバリスタをやっています★
この学校はEnglish Only Policyが厳しいようです
English Only Policyとは、「母国語禁止、英語で喋る」ことを決めている学校が掲げているポリシーです
impactの学校では、母国語を喋ると罰金らしいです(確か)

私の通ったAbilty EnglishもEnglish Only Policyを掲げていましたが、
母国語を喋りまくっている人もいました・・・

(写真をたくさん載せたいのですが、思いのほか語学学校の写真が無く・・・・残念です)


スポンサーリンク


スポンサーリンク