海外旅行&AUS・NZワーホリの記録♡

2年のワーホリ後、社畜になりきれない30代女の海外旅と日々の記録★


スポンサーリンク

【ワーホリ】アルバイト探しで必要なレジュメ(履歴書)の書き方

アルバイト探しには、レジュメ(履歴書)が必要。

ジャパレスだと、日本語のレジュメだけでも大丈夫かもしれませんが、私は英語のレジュメだけを使っていました。

特に指定がない限り、ジャパレスでも英語のレジュメで良いと思います☆

 

まず、レジュメはワーホリに行く前にある程度、作っておいた方がいいです。

現地に行ってから作るなんて、せっかくのワーホリの時間がもったいない!!!

現地に着いてからしか分からない電話番号や住所以外の部分は、日本で作成する事をオススメします。

 

↓私が実際に使ったレジュメを少し修正したものです

f:id:wonderfultrip:20170321223809j:image

A4用紙 1枚にまとめました。

  1. 名前
  2. 住所
  3. 電話番号
  4. ビザの種類(ビザの残りの期間をアピールするために、ビザの有効期限も載せました)
  5. 職歴
  6. 学歴
  7. スキル(特にないので、言語について書きました)
  8. リファレンス(参考人?自分のレジュメ内容や今までの勤務態度などを新しい職場へアピールしてくれる人。こんな人、特にいませんが、語学学校でレジュメを手直ししてもらった時に、書いた方がいいと言われました)

職歴や学歴は、最近のものから書いていきます。

職歴には、実際にやったことを細かく書いてアピールします。「ホールで働いていました」では不十分で、お金を扱っていた、オーダーを取っていた、お客さんを席に案内していた、など思いつく限り細かく書いて良いと思います。

 

また、年齢、性別、顔写真、国籍は不要です☆

 

カバーレターといって、もう1枚、文章で自己アピールをする物を添付する方もいますが、普通のアルバイトだったらレジュメだけで大丈夫かと。

オーストラリアでは、日本人がボスのジャパレスでしたが、ニュージーランドはニュージーランド人がボスのチェーン店で働きましたが、両方ともにカバーレターなしで、レジュメだけ提出しました☆


スポンサーリンク


スポンサーリンク