旅行とカフェ好きYuriのハッピーライフ♪

東京在住 30代派遣社員の、旅行・ワーホリ・カフェのブログ。


スポンサーリンク

【カナダ】ケベックシティ観光。要塞「シタデル」でツアーに参加。結婚式に遭遇!

スポンサーリンク

シタデル

 イギリス統治下で建設された、カナダで最大の要塞。
星型の要塞のデザインは、フランス式だそうです。
{3E5D6EDD-6ECB-41DC-A56D-806EA488C450}
現在も、実際の軍事施設として、カナダ陸軍第22連隊が駐屯しています。
 

{2D94E367-2F32-402B-AA38-90EE6ABA4F70}
ガイドツアーが16ドル。
 
頭のふさふさの黒い帽子が目立ちます
あの黒い帽子は、熊の毛皮から作られていると知って、複雑な気持ちになりました。
{9FD8B17A-7447-4785-9131-C7C108FDF003}
 
 
入り口
{3FB40578-2C8B-4B63-9CC0-B0715D332D84}
 
 
戦車
{DF359EC1-8468-4DA4-BF36-AA76735F35B6}
 
 
"Je me Souviens"
ケベック州の車のナンバーにも刻まれている言葉
"私は忘れない"という意味だそうです。
{EB00DE71-6CE8-4759-8471-5951EF4C88F3}
 

<ケベックの歴史>

1759年にケベックシティのアブラハム平原で、フランス軍がイギリス軍に敗れ、イギリスはケベックを獲得するのが、
人口の9割以上を占めるフランス系住民の文化や伝統までもは、支配できなかった(地球の歩き方より)
 
歴史が深く今現在のケベックに関係している事がよく分かりました。
 
 
ツアーでは、要塞の中の建物について、
要塞の中での暮らし、(家族で住めたそうです)、歴史などの話をしてくれました。 

{5C4D5834-6D75-4B35-837D-ABE239AA650C}
 

 要塞で結婚式!

なんと、シタデルで結婚式をやっていました!
ステキです♡
{D7339E83-48EF-4FF7-BADE-B2C7273EDB41}
 
 
シタデルからだと、ケベックの街をよく見渡せます。
{48C34035-94E9-420A-B0D1-4BC3DA31971E}

{44A22F5D-6602-4F50-8F5D-01D9323C9286}

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク