旅行とカフェ好きYuriのハッピーライフ♪

東京在住 派遣社員の、旅行・ワーホリ・カフェ・イベントについてのブログ。 オーストラリアとニュージーランドでワーホリ。今までの主な旅先は、カナダ、ドイツ、NY、カンボジア、ベトナム、台湾、タイ、シンガポールなど20カ国地域。2019年はハワイ島と上海へ♪


スポンサーリンク

【ワーホリ】航空券はジェットスターで片道のみ。空港からホームステイ先へは送迎を依頼

スポンサーリンク

ワーホリで航空券は往復?片道?

航空券は、片道のみをジェットスターで買いました。

当時(2014年)は成田からメルボルンへの直行便がなかったので、ゴールドコーストで乗り換えでした。

 

受託荷物は25kgまで可にして、約5万9千円でした。(2014年春出発)

 

ジェットスターは、基本はブランケットも機内食もないけど、ブランケットは、コートを代わりに使えば良いし、あらかじめ好きな物を買って持ち込めば、機内食は無くても大丈夫かなーと思います。

 

当時、オーストラリアに行く時の荷物は、スーツケース1つと、機内持ち込み用のリュックでした。

スーツケースの総重量は20.1kgでした!

20.1kgは軽い方らしく、30kg超えの方も結構いらっしゃるそうです(特に女性)

 

今は成田からメルボルンの直行便がジェットスターから出ているので、とっても便利だなーと思っていたら、ジェットスターの直行便が無くなるらしいという噂を聞きました

その代わりにカンタス航空が直行便を始めるとか.....

カンタス航空だったら受託荷物も30kgまで大丈夫そうだし、機内食も出るから良さそうですね!気になるのはお値段ですが。。。

 

ちなみにワーホリ終わって、オーストラリアから日本への帰国は、ジェットスターでメルボルンから成田までの直行便で541.5AUDでした(2015年春)  

 

空港からホームステイ先への移動

ワーホリのエージェントにお願いして、空港からホームステイ先への送迎をお願いしました。

送迎してくれる人が現地の方で、英語が分からなすぎてコミュニケーションが大変でした。

ホームステイ先はだいたい住宅街にあるので、初めてだと分かりにくいので、送迎をお願いして良かったです。


スポンサーリンク