旅行とカフェ好きYuriのハッピーライフ♪

東京在住 派遣社員の、旅行・ワーホリ・カフェ・イベントについてのブログ♪♪


スポンサーリンク

【ハワイ島】初めて知ったリゾートフィー! チェックアウト時の請求書を見てビックリ!

今回のハワイ島旅行で衝撃だったコト。

f:id:wonderfultrip:20190220214118j:image

それは、帰国日のホテルチェックアウトの朝に知らされました。

『リゾートフィー』!!

 

ホテルの部屋のドアの下の隙間から、請求書が舞い込んできました。

 

そこには、

Resort Activity Program 25ドル

Resort Activity Program tax 1.1ドル

が、1泊毎に記載されています。

 

4泊したので、26.1ドル×4泊=104.4ドル!

リゾート アクティビティ プログラムって一体何なの!?

 

『リゾートフィー』というものだった!

ホテルの部屋の料金とは別に徴収されるもので、

ハワイ島に限らず、オアフ島などのハワイ旅行ではかかるものらしい。

 

リゾートフィーの呼び方は、ホテルによって異なり、

私が宿泊したホテル、ワイコロア ビーチ マリオット リゾート& スパ では、『リゾート アクティビティ プログラム』と呼ばれているそうです。

 

このリゾートフィーを支払うことで、ホテルの様々な待遇を受けることができます。

(支払わない、という選択はできないと思いますが....)

 

例えば、ワイコロア ビーチ マリオット リゾート&スパの場合は、以下のことができます。

・ハイスピードインターネットアクセス

・国際電話(1日当り 60分)

・45分の無料ビーチ写真撮影

・1時間のシュノーケリング用具レンタル

・ビーチヨガクラス

・カルチャー体験(フラレッスン、レイ作り、ウクレレレッスンなど。)

・ルアショー 20%オフ

・レンタカー 15%オフ

・ドリンクチケット2枚(ワインやビールなど)

 

ドリンク飲める権利があったのに、飲まなかったという大損!!

ショック!!  

さらに、予想外の出費にショック。。。

 

しかし!!返金されました!

日本帰国後に、今回の旅行は、旅行会社のパッケージツアーで申し込んだので、リゾートフィーもツアー代金に含まれていたことが判明しました!

つまり、チェックアウト時に、リゾートフィーを支払う必要がなかったのです! ホテル側のミスで請求されてしまったとのこと。

旅行会社がホテルと連絡してくれ、無事にリゾートフィーは返金されました(^^)

 

他のホテルのリゾートフィーはどんな感じ??

気になったので、同じワイコロアにあり、日本人に人気の「ヒルトン ワイコロア ビレッジ」のリゾートフィーについても調べてみました。

 

2019年1月31日までは40ドル+税金で、それ以降は45ドル+税金 になるそうです!(超高い!!)

・インターネットアクセス

・フラダンスレッスン

・レイ作り体験

・ウクレレ教室

・プレステ3で映画見放題&ゲームし放題

・キッズプールアクティビティ

・ヨガクラス

・市内通話無料   など。

 

ちなみに、高級ホテル「フェアモント オーキッド ハワイ」の場合。

1泊あたり、35ドル+税金。

・インターネットアクセス

・市内通話、国内通話、長距離通話が無料

・シュノーケリング用具のレンタル

・フェアモント オーキッド の景色の良い敷地内で写真撮影(45分)

・ハワイ ロア ルアウの入場料 10%オフ

・ハワイアン クラフト&カルチャー体験

・ケイキ アロハの終日アドベンチャー10%オフ

・フイ ホロカイの各種アクティビティ(フラレッスン、ペトログリフを巡るハイキング、タートルトークセッション、ウクレレレッスンなど)

・天体観測セッションと星座のガイド付きプライベートツアー(週1回)

・ハワイ島独自の伝説や神話のストーリーテリングセッション(週1回) など。

 

【まとめ】

ハワイには、リゾートフィーがある!(リゾートフィーがないホテルもあるそうです)

リゾートフィーは、宿泊料とは別に請求される!

ただし、旅行会社を通したパッケージツアーなどは、ツアー代金に含まれていることがある。

リゾートフィーでできる事をちゃんと把握すると、さらにハワイ滞在が楽しくなるカモ☆


スポンサーリンク


スポンサーリンク