旅行とカフェ好きYuriのハッピーライフ♪

東京在住 派遣社員の、旅行・ワーホリ・カフェ・イベントについてのブログ。 オーストラリアとニュージーランドでワーホリ。今までの主な旅先は、カナダ、ドイツ、NY、カンボジア、ベトナム、台湾、タイ、シンガポールなど20カ国地域。2019年はハワイ島と上海へ♪


スポンサーリンク

【NZワーホリ】祝!IRDのペナルティ50ドル解除!

ワーホリから帰国しているのに。

ニュージーランドの国税局『IRD』から、「確定申告をしていないため、ペナルティで50ドル支払いなさい」という旨の連絡が来ていました。

f:id:wonderfultrip:20190731003044j:image

ニュージーランドからは2016年に帰国しています。

今さらIRDから連絡が来るとは思っていなかったので、ビックリ。

 

実は2018年にも対応済み。

2018年1月頃にも、「確定申告していないから、ペナルティ50ドル」のお知らせがきて、IRDのwebの個人ページ「MyIR」からメッセージを送りました。

送った内容は下記の通りです。

『すでにニュージーランドに住んでいないこと』

『現在はニュージーランドで仕事もしていないし、収入もないこと』

『ワーホリを終えてニュージーランドから日本に帰国する際、IRDのオフィスに電話連絡をし、出国時の事を電話相談したが、特に何もしなくてよいと言われたこと』

 

メッセージを送信してから数日後、IRDから「状況は分かったので、ペナルティは取り消します」という主旨の返信がありました。

 

(当時、NZにまだ銀行口座があったため、確定申告をする対象者とみなされた様子。)

 

銀行口座をクローズ後、再度IRDに「銀行口座をクローズ」した事を伝えると、「これ以上、IR3(確定申告の書式)を送らないようにします」との連絡がありました。

 

なぜ2019年もペナルティがきたのか?

2018年にIRDに送ったメッセージで、今後はIRDから確定申告に関する連絡は来ないと思っていたので、なぜまた連絡が来たのかは不明です。

ただ、NZワーホリでお世話になったエージェントによると、IRDのサイトが大幅に変更したことが関係しているかもしれないとのこと。

私の他にもペナルティの連絡がきた方がいるそうです。

 

ペナルティの解除を依頼

IRDのサイトの変更により、IRDの個人ページ「MyIR」でやり取りした2018年のメッセージの履歴は無くなっていたようです。

見つける事ができませんでした。

そのため、「MyIR」の「Correspondence」の箇所から新たにメッセージを送りました。

『以前、メッセージを送り、もうIR3(確定申告の書式)を送らないとの事だったのですが、なぜまたペナルティがいるのでしょうか?』

 

メッセージ送信から数日後、IRDから返信がきて、ペナルティも無くなりました!良かったです。

f:id:wonderfultrip:20190731003244j:image

おそらく、来年はペナルティのお知らせは来ないはず。


スポンサーリンク


スポンサーリンク