旅行とカフェ好きYuriのハッピーライフ♪

東京在住 派遣社員の、旅行・ワーホリ・カフェ・イベントについてのブログ。 オーストラリアとニュージーランドでワーホリ。今までの主な旅先は、カナダ、ドイツ、NY、カンボジア、ベトナム、台湾、タイ、シンガポールなど20カ国地域。2019年はハワイ島と上海へ♪


スポンサーリンク

【南イタリア】テレビで紹介。アマルフィ海岸の絶景スポットと陶器の街

スポンサーリンク

アマルフィ海岸の絶景スポットと陶器の街

2019年10月25日 朝の情報番組 『ZIP!』で紹介されていたアマルフィ海岸の絶景スポットと、陶器の街「ヴィエトリ・スル・マーレ」をメモします。

 

陶器の街として紹介されていた「ヴィエトリ・スル・マーレ」は、日本のガイドブックではあまり見かけなかったので、穴場かもしれません。

 

アマルフィの絶景スポット: 港の桟橋

港の桟橋の先端が、アマルフィの崖に並ぶ街並みと海が一緒に撮れるオススメスポット。

f:id:wonderfultrip:20191102235328j:image

(↑ZIP!より)

*個人的にはアマルフィの隣の「ポジターノ」という街が、カラフルな街並みでとても綺麗だと思います。

ツアーでも、ポジターノに寄るプランがたくさんあります。

 

 

【Sporta Marina(スポルタ・マリーナ)】 

アマルフィ定番スイーツ、「レモンのグラニータ」をオーダーしていたお店。

レモンのグラニータとは、レモネードのかき氷です。アマルフィで是非食べてみたい一品。 

↓レモンのグラニータ イチゴ添え 約720円

f:id:wonderfultrip:20191102232352j:image

(↑ZIP!より)

11月中旬から3月中旬まではお休み、また、小さなお店のため見逃さないように要注意です。

 

絶景レストラン【Eolo(エオロ)】

f:id:wonderfultrip:20191102232525j:image

(↑ZIP!より)

ここのレストランは、ガラス窓がなく街と港を一望できます。

ホームページを覗いてみたら、夕方の景色も綺麗!

↓オーダーしていたのは、クロダイの塩釜焼き 約4200円。

f:id:wonderfultrip:20191102234854j:image

(↑ZIP!より。)

周りの塩を割っていくと、ふわふわのクロダイが出てきます。

 

陶器の街「Vietri sul Mare(ヴィエトリ・スル・マーレ)」

カラフルなマヨリカ焼きの主要生産地で、お店の壁面も綺麗なマヨリカ焼きでできている所があるそうです。

f:id:wonderfultrip:20191103000113j:image

(↑ZIP!より)

日本のガイドブックだと、この街はまだあまり注目されていない様子。

アマルフィの街から車で1時間で、フェリー(travelmar)はとまらないようですが、バスは止まるそうです。また、サレルノからは電車も通っています。

 

陶器の店【(アンティーカ・チェラミカ)】

紹介されていたお店が、残念ながらどのお店か分からず。ただ、この街にはたくさんのマヨリカ焼きのお店がありそうです。

 

穴場フォトスポット【Villa comunale (ヴィッラ・コムナーレ)】

f:id:wonderfultrip:20191103104824j:image

(↑ZIP!より)

陶器のタイルでできた手すりと、海が綺麗に撮れる場所です。

f:id:wonderfultrip:20191103104836j:image

(↑ZIP!より)

Google mapから検索してみた結果、ベネデット・クローチェ通り 国道18線 で、pizzeria Da Giggino というピザ屋さんの前の通りのようです。

 

ヴィエトリ・スル・マーレは、ツアーでは行かない場合も多いので、個人で行くか、もしくはプライベートツアーなどを活用するのが良さそう。

 

アマルフィは、冬季は休みのお店も多いようなので、旅行時は注意が必要です。

 

 

 

電子書籍だと、持ち運びも楽です。


スポンサーリンク