旅行とカフェ好きYuriのハッピーライフ♪

東京在住 30代派遣社員の、旅行・ワーホリ・カフェのブログ。


スポンサーリンク

【フランス旅行】行って良かったオススメのカフェ、レストラン

スポンサーリンク

フランス旅行で訪れたパリとヴェルサイユ宮殿で、行ってよかったカフェやレストランをご紹介します。(2020年2月に行った時のものです)

 

  

老舗名門カフェ Les Deux Magots(レ・ドゥ・マゴ)

f:id:wonderfultrip:20200226125829j:image

サン・ジェルマン・デ・プレのエリアにあります。

パブロ・ピカソも通った、有名なカフェです。

 

平日13時頃に行きました。

テラス席も店内も賑わっていましたが、並ぶことなく、店内の席に案内してもらえました。

 

なんと!メニューの表紙にあるQRコードをスマートフォンで読み取ると、日本語メニューを見る事ができます!

f:id:wonderfultrip:20200227210208j:image

↑こちらの青い丸でかこったQRコードです。

 

ほうれん草とサーモンのキッシュ(€17)をオーダー。

f:id:wonderfultrip:20200227080913j:image

とっても大きい!今まで日本で食べていたキッシュは、中身がギッシリつまった固めの物でしたが、このお店の物は、ほうれん草たっぷりでフワフワでした。

気がつくと、たくさんの方がキッシュをオーダーしていました。定番なのかな?

添えのサラダが多いのも嬉しい。

 

f:id:wonderfultrip:20200227080935j:image

↑友達がオーダーした、クロックマダム(€16)

こちらも美味そうでした!

 

紅茶(€7.5)、水Evian(€7.5)です。

 

※このカフェは、ピカソが描いたゲルニカの絵が小説になっている【暗幕のゲルニカ】にも出てきます。

小説を読んでいたので、ぜひ行きたいカフェでした。

 

モンブランが有名 ANGELINA(アンジェリーナ)

f:id:wonderfultrip:20200228225331j:image

ココ・シャネルも常連だったというお店。

本店は、チュイルリー公園の前にあり、他にもパリ市内に数店舗、ルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿内にも店舗があります。

 

f:id:wonderfultrip:20200228225352j:image

 

f:id:wonderfultrip:20200228225411j:image

見た目もかわいいケーキや、マカロンが並んでいます。

パリ市内にあるデパート「ギャラリー・ラファイエット」にある店舗へ行きました。

平日13:00頃に行き、店内は空席があり待ち時間はありませんでした。

f:id:wonderfultrip:20200228225443j:image

私は、オニオンスープ(€13)をオーダー。

カリカリのチーズの下に、濃厚なオニオンスープとパンが入っています。

写真がいまいちですが、体が温まって、とても美味しかったです!

 

f:id:wonderfultrip:20200228225501j:image

↑友人がオーダーした、アンジェリーナのオムレツ(€18)

キノコとハムがはいっていて、フワフワ食感で、味付けも日本人好み。

 

f:id:wonderfultrip:20200228225518j:image

ミルフィーユ(€9.5)

 クリームが固めで、日本で食べるミルフィーユとは違う感じがしました。

紅茶と合いそう!

 

アンジェリーナは、スイーツだけでなく、食事も美味しかったです。

 

ビストロ でカジュアルランチ Les Vinaigriers(レ・ヴィネグリエ)

f:id:wonderfultrip:20200228225552j:image

「2020年版るるぶパリ」で€25以下で、カジュアルなフレンチランチが食べられると紹介されていたお店です。

サン・マルタン運河エリアにあります。

 

平日13:00頃に行きました。

急遽、当日朝にホームページから予約しました。ホームページは日本語で表記もできますが、予約ページは英語で、予約した数時間後に予約確約メールが届きました。

 

「前菜+メイン」または「メイン+デザート」で€19。

「前菜+メイン+デザート」は€24。

 

€19のコースで、友人が「前菜+メイン」を、私は「メイン+デザート」をオーダー。

 

f:id:wonderfultrip:20200229134644j:image

この日の前菜は、カリフラワーと栗のスープ。

 

 

f:id:wonderfultrip:20200228225639j:image

メインは、鴨のコンフィ。添えは、かぼちゃのピューレ。かぼちゃが濃厚!刺さっている野菜は一部がピクルスで、とてもよいアクセントになっていました。

美味しかった!

 

f:id:wonderfultrip:20200228225709j:image

デザートは、シトロンのタルト。

酸味のある甘いクリームで、美味。

 

店内は綺麗で、料理も美味しく、そして店員さんがとっても親切でした!

フランス語で書かれたメニューの解読に手間取っていると、店員さんが英語でメニューの説明を丁寧にしてくれました!

前菜のスープの説明で「chestnut」という単語がでてきて、「ナッツみたいなものですか?」と尋ねたら、「chestnutは木から落ちて、時々、街中でも人が食べている」と説明してくれました。説明を受けても何か分からず、スープを食べて、分かりました。「chestnut」は「マロン=栗」でした!

確かに、パリ市内では焼き栗を売っている人を見かけました。

「マロン」は英語じゃなくて、フランス語だったんですね!

 

 ヴェルサイユ宮殿の庭園でランチ Le Petite Venise(ラ・プティット・ヴニーズ) 

f:id:wonderfultrip:20200229134600j:image

ヴェルサイユ宮殿の庭園内にあります。

 

f:id:wonderfultrip:20200229134620j:image

休日に行きました。

たまたま、お店のオープン時間11:45ちょうどに着きました。 

 

f:id:wonderfultrip:20200229134355j:image

ブルーの椅子が特長的な店内。綺麗でした。

 

イタリアとフランスで修行した女性シェフの、イタリアンのお店です。

f:id:wonderfultrip:20200229134414j:image

パスタ(€18)と紅茶(€4.9)をオーダー。

美味しくいただきました。

 

 


スポンサーリンク