旅行とカフェ好きYuriのハッピーライフ♪

東京在住 30代派遣社員の、旅行・ワーホリ・カフェのブログ。


スポンサーリンク

アメリカに次いで日本が2位なコト

スポンサーリンク

f:id:wonderfultrip:20200803125518p:image

 

2020年7月1日から、レジ袋の有料化がスタートしました。

 

環境省のホームページに、『みんなで減らそう レジ袋チャレンジ』というページがありました。

そこでは、レジ袋を有料化した理由が記載されています。

分かりやすく書いてあって、とても勉強になりました。

気になった部分を、少しピックアップしたいと思います。

 

一人当たりの使い捨てプラスチックごみの量、2位!

このブログ記事のタイトルにした「アメリカに次いで日本が2位なコト」ですが、それは【一人当たりの使い捨てプラスチックごみの量】です。

 

主要な地域・国の中で、一人当たりのプラスチック容器包装の廃棄量は、日本はアメリカに次いで2番目だそうです。

3番目がEU、4番目が中国。

 

良く考えてみれば、毎日、何かしらのプラスチックごみを出しています。

 

毎年800万トンのプラスチックごみが海に溜まり続けている!

海を汚染するプラスチックごみ。

胃の中から大量のプラスチックごみが発見されたクジラなどが、時々ニュースで報道されます。

2050年には、プラスチックごみの重さが、魚の重さを上回るといわれています。

 

 

大阪湾のレジ袋

大阪湾に沈むレジ袋は300万枚と推計されているそうです!

 

出来ることから取り組みたい

プラスチックごみ問題は、思ったよりもひどい状況であることに驚きました。

レジ袋は、国内で使用されるプラスチック全体のうち、数パーセントだそう。

それでも、小さなコトでも取り組むことが大切だと感じました。

 

マイバックは使い続けることが大切☆

ちなみに、マイバックは、綿製で50回以上、厚手のプラスチック製で10回以上使用しないと、一般的な薄手のプラスチック製レジ袋を1回で使い捨てる場合に比べて、温室効果ガスの排出量が多く、環境負荷が高くなるそうです。

地球環境を全体的に考えても、マイバックを長く大切に使い続けることが大切ですね(^^)


スポンサーリンク