海外旅行&AUS・NZワーホリの記録♡

2年のワーホリ後、社畜になりきれない30代女の海外旅と日々の記録★


スポンサーリンク

【カナダ】モントリオールのマクドナルドでプティンを食べる♪ちょっとお高めのアンガスバーガーは美味しかった♡

カナダのマクドナルドは、
ロゴマークの真ん中にカエデのマークが入ってて可愛い
{DC6537E9-F235-42D6-8FB2-1536EFCBEA9B}
 
モントリオールの旧市街にある
マックに行って来ました♪
何となくマックもオシャレ☆
{0E727DF0-00A4-4C43-B666-8F79E1117CE8}
 
プティンがメニューにある!!!
{321A5E54-8E80-46D9-A486-3E4844300E36}
Poutine
プティン(またはプーティン)とは、
ポテトにチーズとグレイビーソースのかかった、カナダの代表的な料理のひとつです
 
世界中のマクドナルドでも、
プティンがあるのはカナダだけなんでは??
さっそくオーダー♪♪
 
見た目、キレイとはいえない.....けど、
味は美味しいです
チーズは、溶けないタイプのチーズで大量に入っているので、食べ切れず。。。
 
食べてみる価値はあると思いますので、ぜひ
 
普通のセットメニュー↓
{CAF2DE81-8262-4059-B1F0-BC025AF5E84B}
 
↓ちょっと値段がお高めの、アンガスバーガー
{FDB42B21-1C14-4C46-B16F-48B417278E7F}
パテもボリュームがあって、
普通のマックのバーガーみたいにペチャンコでなく、美味しい
これはオススメ!!
  
↓カナディアンテイスト
{D96CF045-85F4-4020-BC1F-DBCF9E0A0E2A}

{659FF06B-C279-4867-B112-E718337F8589}
 
美味しかった♡
{C2DF0461-5FF0-4EAF-85C1-A1A5C24E2BBF}
 
モントリオールのマクドナルドですが、
メニュー、フランス語です
 
店員さんは、英語が通じるので大丈夫★
 
注文した品を受け取る時、
日本のマックとは違い、注文したその場のレジでは受け取れず、
スタバのように、注文を受け取る専用のカウンターで、受け取ります。
 
レシートに大きく数字が記載されていて、
(3桁くらいの数字で、356とか、625など)自分のオーダーした物ができあがると、
その数字で呼ばれます
 
モントリオールの旧市街のマックでは、
数字がフランス語で読み上げらたーーー!!!
 
フランス語はメルシーしか分からないので、自分が呼ばれているのかまったく分からない、汗
 
数字呼ばれているのに誰も取りに行かなそうだったら、
店員さんにレシート見せて、私の注文したものかしら?という感じで受け取りました、汗
 
ちなみに、同じフランス語圏であるケベックシティーのマックでは、
英語とフランス語の両方で数字を読み上げてくれるので、安心しました★
 
オタワのマックでは、テレビみたいな画面に数字が表示されるので、さらに安心!!
 
注文は、タッチパネルの機械を使うと便利でした☆
{E174D7B7-A792-40E0-8512-2B203499F806}
言語が、英語かフランス語か選べます
写真付きだし、クレジットカードで支払いもできるので、便利です

スポンサーリンク


スポンサーリンク