旅行とカフェ好きYuriのハッピーライフ♪

東京在住 30代派遣社員の、旅行・ワーホリ・カフェのブログ。


スポンサーリンク

【ワーホリ】オーストラリア後にカナダ ワーホリビザ申請時、銀行口座をクローズする時期が重要

スポンサーリンク

カナダのワーホリVISA

2016年5月、ワーホリビザでカナダに入国しました。

カナダでは1ヶ月間、旅行して帰国しました♪ 

カナダのワーホリビザは、イミグレでちゃんと発行されます!

f:id:wonderfultrip:20170511210300j:image

↑こんな風に、A4サイズのビザが発行されて、小さく折りたたまれてパスポートにホチキスで留めてもらいました♪(友人は、パスポートに留めてもらえてないようで、対応してくれた人によるようです)

f:id:wonderfultrip:20170511210646j:image f:id:wonderfultrip:20170511210801j:image

オーストラリアのワーホリVISAより大変!

カナダのビザは、手続きが大変でした。他国でワーホリをしている場合、その国でのポリスサティフィケイト(警察証明書)と、オーストラリアのメルボルン滞在歴のある人はさらに無事故証明の提出が求められます。

 

なぜオーストラリアの銀行口座が重要なのか?

私はメルボルンでワーホリしたので、ポリスサティフィケイトと無事故証明の両方を提出しました。

オーストラリアでポリスサティフィケイトを取得する場合、決められたポイントをクリアしなければいけません。 そのポイントで大きな役割を果たすのが、オーストラリア現地の銀行口座なのです!もしオーストラリア ワーホリ後にカナダのワーホリビザ取得を考えている方は、ポリスサティフィケイトを取得してから、オーストラリア現地の銀行口座を閉じる事をオススメします!

オーストラリアで銀行口座を閉じてしまって、ポリスサティフィケイトの取得が難しくなって、カナダワーホリを諦めた方もいらっしゃるようです。

ポリスサティフィケイトと無事故証明は、申請してから家に配達されるまで3週間くらいかかった気がします。帰国前に余裕をもって、申請した方が良さそうです。ポリスサティフィケイトの申請はパソコンで行います。書類をスキャンして添付する作業が必要でした。めんどくさがり屋なので、途中で諦めたくなりましたが、友達と一緒にやったので出来ました☆無事故証明は、vic roadsに直接行って申請しました☆


スポンサーリンク