旅行とカフェ好きYuriのハッピーライフ♪

(コロナが落ち着いたら)1年に海外に2回行くことが目標!東京在住会社員の日々のこと


スポンサーリンク

国家資格【ITパスポート】を受験!たぶんギリギリ合格?

スポンサーリンク

国家資格 ITパスポートを受験

もくじ

会社の自己啓発でオススメの資格リストにあった、【ITパスポート】を受験しました。

 

受験した理由は、試験問題を見てみたら内容がちょっと気になったことと、会社のリストでは、資格取得の難易度が低かったので🤣

久しぶりの資格試験に挑戦してみることにしました!

国家資格だそうです。

 

難しいんですけど!

参考書を購入して、いざ勉強を始めましたが、難しいんですけど🤣

知らない言葉ばかりで、参考書読んでても、「???」

 

ちなみに購入した参考書はこちら↓

ネットで口コミを読んで、「イラストがあるので初心者でも分かりやすい」との意見が多かったので、こちらに決めました。

 

しかし、イラストがあっても、分からないー🤣

 

ちなみに、会社ですでに合格している方がいて、本部長に「ITパスポートって、どうなの?」って質問されてました。

「難しくないですよ!さすがに、ノー勉じゃ無理ですけど、勉強すれば全然大丈夫です!」と答えていました。

 

発表されている合格率も、50%くらいだし、国家資格にしては取りやすい、とのことでしょう。

 

しかし、私にとっては全然簡単な試験じゃなかったです🤣

 

来年から試験範囲・試験料が変わるらしい

現在は、受験料5,700円ですが、2022年4月から7,500円に大幅アップされるそうです!

 

試験範囲も変わるらしく、

高校で「情報1」という科目が必須になり、それに対応する形で、ITパスポートも変更になるそうです。

 

受験するなら、受験料があがる前で、出題傾向が変わる前の今がチャンス!?

 

 

試験はCBT方式

試験時間は120分。

途中退出可です。私は120分ギリギリ使いましたが、残り時間50分とかで退出している人もいました!

 

試験は、CBT(Computer Based Testing )方式です。

試験会場のPCで、マウスでポチポチしながら受験します。

ITパスポートのホームページで、過去問を使って疑似体験できたので、試験前に体験しておきました👍

 

ちなみに試験は、ほぼ毎日、どこかしらで開催されています。

過去問も、ITパスポートのホームページからダウンロードできます。

 

身分証明書はポケットへ

試験会場では、腕時計はNGでした。

ボールペンなども持ち込めません。

試験中に計算問題があるのですが、その時は試験会場で準備されたメモ用紙とシャーペンを使います。

 

試験会場で、身分証明書で本人確認があります。

本人確認後、身分証明書はポケットにいれるように指示がありました。

身分証明書である運転免許証を、財布にも入れずに、そのままポケットへ。

そして、そのまま試験を受ける🤣

 

試験中にお手洗いに行く時とかに、身分証明書は持っててね?的な感じなのかな?

 

 

試験終了後、その場で点数が分かる

試験が終わると、その場で採点され、結果が画面に表示されます。

結果確認まで終わったら、試験中に使用したメモ用紙を試験官に回収されて、試験が終わりました。

 

試験結果は、ネットでも確認できます。

 

試験は満点が1000点で、合格基準が600点以上のところ、私は615点でした🤣

 

めちゃくちゃギリギリ!!

これは、大丈夫なのでしょうか!?!?

 

ちなみに合否について、

合否は、経済産業大臣が判定します。合格者の受験番号は官報に掲載されるほか、ITパスポート試験ホームページにも掲載します。合格者には、経済産業大臣から合格証書が交付されます。

と、記載があります。

 

合格基準点ギリギリだけど、どうか合格にしていただきたい.....✨

 

合格発表は来月中旬の予定です。


スポンサーリンク