旅行とカフェ好きYuriのハッピーライフ♪

東京在住 30代派遣社員の、旅行・ワーホリ・カフェのブログ。


スポンサーリンク

【羊と鋼の森】ピアノの調律師さんの話の小説を読む

スポンサーリンク

f:id:wonderfultrip:20201030184824p:image

宮下奈都さんの「羊と鋼の森」という小説を読みました。

 

ピアノの調律師さんが主役の話です。

羊と鋼の森 (文春文庫)

羊と鋼の森 (文春文庫)

  • 作者:宮下 奈都
  • 発売日: 2018/02/09
  • メディア: Kindle版
 

 

2016年本屋大賞、王様のブランチブックアワード大賞2015を受賞しています。 

 

2018年には映画化され、エンディングテーマは久石譲さんが作曲し、辻井伸行さんが演奏しているそうです!!!!

出演者も豪華です。

山崎賢人さん、鈴木亮平さん、上白石萌音さん、上白石萌歌さん、仲里依紗さん、城田優さんなど。

(なぜか、映画化されていた事を全く知らなかった🤣 エンディングテーマ曲、ぜひ聞いてみたい!)

 

小説を読んで、調律師という仕事について知り、主人公の新社会人の調律師さんが、悩みながら成長していく姿が、自分も社会人1年目は色々と悩んだことを思い出し、懐かしい気持ちになりました。

 

また、ピアノの調律師さんは、ピアノを見れば、そのピアノが普段弾かれていないことが分かるそうです。

私も子供の頃、ピアノを習っていましたが、ピアノの練習をあまりしていなかったのがバレていたのかなぁ😂

 

早速、この後、映画を観てみたいと思います。


スポンサーリンク